Get us in your inbox

Genya Aoki

Genya Aoki

Articles (215)

Sushi omakase: los mejores restaurantes secretos de Buenos Aires

Sushi omakase: los mejores restaurantes secretos de Buenos Aires

Omakase, que en japonés significa “lo dejo en tus manos”, implica justamente confiar en la manos del “itamae”, cocinero de cocina japonesa, quien estudia la materia prima disponible de cada día para preparar su mejor versión. Ese es el juego en un restaurante omakase: hay que entregarse.  Este formato es el nuevo rey del sushi en Buenos Aires. El ritual consiste en sentarse en la barra, abierto a recibir. Vos le das tu voto de confianza, y el itamae te devuelve lo mejor que puede darte esa noche: una pieza hecha en ese mismo instante, que está al máximo de sabor. Lisa, chernia, mero, besugo, bonito, trucha, calamar, langostino, pulpo, vieira, centolla, anchoas, pacú, surubí. Mar, lagos, ríos y hasta campo, porque también sirven Wagyu. Destacar el producto local con técnicas japonesas, en una interpretación propia, es el pacto.  Para que sea verdaderamente autoral, los omakase se ubican en salones pequeños; y ahora también, a puertas cerradas. Los lugares son contados. La experiencia es tête à tête. Por eso, es un planazo para salir a comer solo. O para evadir conversaciones con tu acompañante: no da pasársela cuchicheando, estás en primera fila. Para conocer las destrezas del itamae y para que él o ella te puedan conocer a vos: te va a estar mirando para saber qué te gustó y si se debe ajustar algo. Si te animás a este mano a mano, estos son los mejores 10 restaurantes secretos de sushi omakase en Buenos Aires. También te puede interesar:  Los 56 mejores restaurantes de Bueno

東京、 縁側カフェ4選

東京、 縁側カフェ4選

タイムアウト東京 > レストラン&カフェ > 東京、 縁側カフェ4選 緑に囲まれた縁側のあるカフェでまったりと過ごすのは、東京では特に贅沢な時間かもしれない。ここでは、そんな魅力的なカフェをまとめてみた。 平安時代から受け継がれる和室と庭を繋ぐスペースは、日本家屋ならではの空間だ。庭の自然を眺めながら会話を楽しんだり、心地よい風を感じながら抹茶や和菓子を味わってみたり。どこかほっとする空間でくつろぎの時間を過ごしてみては。 関連記事『東京、森カフェ5選』

The 56 best restaurants in Buenos Aires

The 56 best restaurants in Buenos Aires

Buenos Aires never stops, and its gastronomic scene doesn't either. From a luxury grill to a vegetarian warehouse, a 1952 diner, botanical haute cuisine, signature fine dining, charcuterie on the sidewalk, and nostalgic Porteño food in a market. We make it easy for you or we make it short: these are its essential restaurants.

Los 56 mejores restaurantes de Buenos Aires

Los 56 mejores restaurantes de Buenos Aires

Buenos Aires no para, su movida gastronómica tampoco. De una parrilla de lujo a un galpón vegetariano, un bodegón de 1952 , alta cocina botánica, fine dining de autor, charcutería en la vereda y comida porteña nostálgica en un mercado. Te lo ponemos fácil o te la hacemos corta: estos son sus restaurantes esenciales.

ApuNena: 7 platos imperdibles que tenés que probar

ApuNena: 7 platos imperdibles que tenés que probar

Christina Sunae y Flor Ravioli son las amigas y socias detrás de ApuNena, este proyecto que cumple 5 años a pura vibra, sabores y colores, en cada uno de sus platitos. ¡Hasta en los uniformes se ve toda esa onda! La inspiración viene de España, de cuando las dos estuvieron allá viendo cómo comían el tapeo, los locales. Se dieron cuenta de que en Asia también los comían así, por lo que decidieron ir por ese concepto y traerlo acá.  El isologo de ApuNena es una mujer sin edad, usando un mortero, amante de la cocina, muy activa. Puede ser cualquiera de nosotras, alguna de ellas dos, o sus abuelas: las dos tuvieron una que cocinaba muy rico. Por cierto, el disparador de este restaurante es un viaje que hicieron juntas a Filipinas, en donde se crió Christina y en donde aprendió a cocinar con sus tías y su abuela.  Esencia asiática con productos locales en una cocina consciente, es la fórmula por la que se jugaron para integrar sus saberes, influencias y búsquedas. Las acompaña una brigada de jóvenes de distintas partes del mundo, como la propia Christina, que es estadounidense y tiene sangre coreana; o como Flor, que es cocinera y nutricionista, con fascinación por los mercados y la cultura culinaria callejera de Oriente y con experiencia de trabajo en el prestigioso El Bulli.  Barra, salón, terraza, vos elegís dónde sentarte y qué probar de la tremenda variedad de sabores que proponen en cada tapa. Acá vamos a darte una ayudita: estos son los 7 hits de ApuNena. También te puede i

ApuNena: 7 Unmissable Dishes You Have to Try

ApuNena: 7 Unmissable Dishes You Have to Try

Christina Sunae and Flor Ravioli are the friends and partners behind ApuNena, a project that celebrates 5 years filled with vibes, flavors, and colors in each of its dishes. Even in their uniforms, you can see that vibe! The inspiration comes from Spain, where both of them witnessed the tapas culture in local eateries. They realized that in Asia, too, people enjoy tapas-style eating, so they decided to bring that concept here. The ApuNena logo features an ageless woman using a mortar, a lover of cooking, and very active. She could be any one of us, one of them, or their grandmothers: both of them had grandmothers who cooked deliciously. By the way, the spark for this restaurant came from a trip they took together to the Philippines, where Christina grew up and learned to cook with her aunts and grandmother. Asian essence with local products in a conscious kitchen is the formula they went for to integrate their knowledge, influences, and quests. They are accompanied by a brigade of young people from different parts of the world, like Christina herself, who is American with Korean blood, or Flor, who is a chef and nutritionist, fascinated by markets and street culinary culture from the East and with experience working at the prestigious El Bulli. Bar, dining room, terrace—wherever you choose to sit, you can sample from the tremendous variety of flavors they offer in each tapa. Here we'll give you a little help: these are the 7 hits of ApuNena.You might also be interested in: Ve

東京、美術館カフェ8選

東京、美術館カフェ8選

タイムアウト東京 > レストラン&カフェ > 東京、美術館カフェ8選 美術館に行った際は、写真を撮ったりグッズを買ったりするが、近くのカフェで一休みをしながら余韻に浸るのも醍醐味(だいごみ)の一つだろう。美術館の中には、作品をモチーフにしたメニューを味わえたり、四季折々の景色が楽しめたりと、特徴的なカフェが備わっている施設もある。 ここでは、近代的な美しい建築や芸術作品に囲まれた店など、魅力的な美術館併設カフェを8つ紹介。アート巡りの時間をより充実させてほしい。 関連記事『東京、文化財カフェ5選』

田町にナポリを徹底再現したピッツァフリッタの店「NAPD」が登場

田町にナポリを徹底再現したピッツァフリッタの店「NAPD」が登場

タイムアウト東京 > Things to do > International Tokyo >田町にナポリを徹底再現したピッツァフリッタの店「NAPD」が登場 東京タワーを間近に臨む港区三田。JR田町駅から徒歩5分、連日、日本在住のイタリア人などが母国の味を求めて来店する店がある。2023年12月にオープンした、ナポリ名物ピッツァフリッタの店「ナップディ(NAPD)」だ。ピッツァフリッタとは、ピザ生地に具材を包んで揚げた「揚げピッツア」である。ナポリのローカルフードとして知られており、南イタリアでは気軽に食べられている。 ナポリのシンボルカラーでもあるブルーが目を引く店内には、多くのイタリア人や訪日外国人が集まっており、まるで本当にナポリにいるかのようなインターナショナルな雰囲気だ。 同店をオープンさせたオーナーシェフの熊倉光は、「DiCoprio」という名前で2020年からYouTubeチャンネル「ナポスタ NAPOLI STYLE」を運営している。 東京で活躍する外国人にインタビューをしていくシリーズ「International Tokyo」の特別編。今回は、幼い頃からイタリアに魅了されていたDiCoprioがなぜ、東京でナポリを代表するソウルフード「ピッツァフリッタ」 で勝負しようと思ったのかを聞いた。 関連記事『ノスタルジックでカラフルなスイーツビュッフェが新宿で開催』

東京、進化系スコーン4選

東京、進化系スコーン4選

タイムアウト東京 > フード&ドリンク >  東京、進化系スコーン4選 スコットランド発祥の伝統菓子で、イギリスやアメリカでも人気を集めるスコーン。そんな菓子が昨今、日本でブームを巻き起こしている。 基本的にはクロテッドクリームやジャムを添えた食べ方が一般的だが、近年はフルーツやクリーム、エディブルフラワーをスコーンの上にトッピングした華やかな「デコレーションスコーン(通称デコスコ)」が話題だ。さらに、生地に枝豆やのりを混ぜ込んだものなど、独自の素材を組み合わせた塩気のあるスコーンも豊富にある。 ここでは、そんな現代風にアレンジされた個性的な「進化系スコーン」の店舗の中から、東京で食べられる注目の4軒を紹介したい。 関連記事『ノスタルジックでカラフルなスイーツビュッフェが新宿で開催』 

Los mejores restaurantes italianos de Buenos Aires

Los mejores restaurantes italianos de Buenos Aires

No todo es el boom de las pizzerías napolitanas. Hay muchas otras ideas que se suman al generoso repertorio de los mejores restaurantes italianos de Buenos Aires. Recorrimos los barrios gastro de moda y los emblemáticos, como Boedo y La Boca, nos fuimos hasta Campana y Pilar para relevar los platos de hoy y los de siempre, los que nos hacen viajar por un rato a la bella Italia. De una esquina de Palegiales a una de Martinez, de una pizzería romana, a una cantina adriática, de un pastificio a una pasticceria o un mercato. De la nueva generación, a los tanos de toda la vida. Van nuestros 16 elegidos de esta cocina que a los argentinos nos encanta, candidata a patrimonio inmaterial de la humanidad, por su sustentabilidad y diversidad biocultural.

The Best Bars in Buenos Aires

The Best Bars in Buenos Aires

For going out during the week, for staying out late, for transporting yourself to a beach or another era through a cocktail. Discover signature drinks and relive the classics. We sit at the best bars in the city to tell you which ones they are. Are you up for a drink?

Los mejores bares de Buenos Aires

Los mejores bares de Buenos Aires

Para salir en la semana, para volver bien tarde, para trasladarte en un cóctel a una playa o a otra época. Descubrir tragos de autor y revivir los de siempre. Nos sentamos en las mejores barras de la ciudad para contarte cuáles son. ¿Estás para tomar algo?

Listings and reviews (4)

Trescha

Trescha

5 out of 5 stars

La comida entra por los ojos, y en el caso de la de Tomás Treschanski, también entra por la cabeza. Comer una idea es la propuesta de este jovencísimo chef revelación.”Un embajador de la próxima generación” lo llamó Michelin y le dio el Young Chef Award. El restaurante de cocina conceptual del cocinero más joven de América en recibir el premio es también una estrella Michelin. Un revolucionario del fine dining. Cuando creíamos que este formato de alta cocina estaba agonizando en Buenos Aires, él lo hizo resucitar. O mejor dicho, renacer, porque le otorgó una nueva vida disruptiva, en una casa recuperada de Villa Crespo, donde hasta las paredes transmiten sensaciones.  Leé la nota completa.

Nika Club Omakase

Nika Club Omakase

4 out of 5 stars

Aquí todo está dispuesto para pasarla y sentirse bien. Subís la escalera y entrás en un sitio único. El local fue equipado con tres contenedores que trajeron desde Japón repletos de todo lo que puedas imaginas: desde la heladera Hoshizaki -que no se empaña-  a las tablas, los cuchillos y la vajilla, que complementan con piezas locales artesanales. La armonía que sentís en la ambientación también se siente en el cuerpo. Cocina japonesa moderna sin gluten, baja en sodio, grasas y azúcares. ¿Acaso se puede pedir más? Seguro nunca probaste nada igual, simplemente porque ellos elaboran todo, desde las masas a las salsas, tapas de harina de arroz, texturas de mandioca. Cada ingrediente es orgánico y fermentado en casa, algunos por un par de días, otros por meses o un año. El nuevo restaurante combina la trayectoria del chef Leo Lanussol y su reinterpretación del street food japonés con los dones del sushiman Fabián Masuda, pionero en ofrecer omakase en Buenos Aires. La dupla trae una propuesta vanguardista, 100% libre de gluten, baja en sodio, grasas y azúcares, lo que implica un trabajo constante de investigación. “La biblioteca de fermentos es el corazón de Nika, allí elaboramos hasta nuestra propia salsa de soja, porque todas las industriales tienen trigo”, nos explica Leo.  Una opción es arrancar por el bar, especializado en sake y whisky japonés, con un acervo de 900 botellas. Para eso se pensaron los snacks, para que puedas demorarte tranquilo en esta barra, acompañando tu be

Fogón Asado

Fogón Asado

4 out of 5 stars

Para vivir la tradición del asado argentino en primera fila, frente al fuego y al chef parrillero. Las carnes y los vinos son protagonistas, aunque también hay opciones vegetarianas. Te contamos a detalle nuestra experiencia en esta parrilla argentina que hace todo bien. Fogón Asado está emplazado en una casa antigua de Palermo reformada y decorada con un gusto tan exquisito, como los sabores argentinos que propone esta parrilla de lujo en la que nunca se acaba el fuego. Nos reciben con el perfume a quebracho, que ya está chispeando, y un Lado Luminoso, el cóctel de la casa con torrontés, gin infusionado con yerba mate, vermú y néctar de flores de sauco. En seguida llega el sifón, otra de las estrellas de la noche. La ceremonía continúa al sentarse en la front row de este desfile de tradiciones, ante una parrilla que fue diseñada a medida: en las planchas van los vegetales orgánicos; en el fogón, las proteínas de La Pampa, de animales de pastura que preservan el sabor característico de la raza Angus. La leña viene del Norte: la madera blanca, más liviana, la usan para prender el fuego; la roja, para lograr las brasas. Nos presentan los cortes que vamos a probar: ceja con crema de coliflor y choclo al rescoldo, ojo de bife con puré de boniatos, un costillar -que tiene 8 horas de cocción con distintas técnicas- y matambre, una particularidad argentina, una pieza que tiene personalidad propia. La degustación se completa con berenjena ahumada con ricota cítrica, provoleta crocant

Raggio Osteria

Raggio Osteria

4 out of 5 stars

Tiene un poco más de un año y ya empezó con el pie derecho: está en las recomendaciones de la prestigiosa Guía Michelin. Gastronomía italiana con materia prima argentina, es la fórmula de este reciente éxito alojado dentro del Hotel Pleno Palermo Soho. Anchoas de Mar del Plata, ají de Salta y oliva de Mendoza en unas artesanales pastas casarecce. Aceitunas negras de La Rioja y alcaparrones de Santiago del Estero, para la salsa puttanesca. Los pistachos son de San Juan; la carne y los vegetales, del campo bonaerense. En Raggio Osteria se reúnen los productos de nuestra tierra y nuestro mar, con las recetas tradicionales que Sebastián Raggiante trae de su Bologna natal. El viaje no fue directo, tuvo muchas escalas en el camino, como su paso por el consagradísimo El Bulli, un Relais & Châteaux de la Costa Azul como Le Petit Nice y el sofisticado ristorante Cracco de Milano. En Mallorca, cuando era jefe de cocina, el mediterráneo Gadus se llevó una estrella Michelin. Cuando emigró a Buenos Aires, supo tener su propio lugar (junto a su expareja), se llamaba Moreneta y quedaba en Montserrat. Pero todo esto es parte del pasado de Sebastián, a quien el presente lo encuentra en un muy buen momento. A poco de inaugurar su ostería, la estrella lo vuelve a tocar. Algo que lo tiene tan contento como ocupado. Leé la nota completa  

News (658)

5月25・26日に東京建築祭が開催、キックオフイベントで藤本壮介らが登壇

5月25・26日に東京建築祭が開催、キックオフイベントで藤本壮介らが登壇

銀座、丸の内など都内を舞台にした大規模建築イベント「東京建築祭」が、2024年5月25日(土)と26日(日)に開催する。同イベントは、「東京建築祭実行委員会」が主催し、日本橋・京橋、丸の内・大手町・有楽町・銀座・築地などを舞台に多彩な建築の魅力に光を当て、普段は見られない場所を公開。18件の建築が無料で特別公開されるほか、有料のガイドツアーを実施(ガイドツアーは全て申し込み終了)。さらに、「丸善ジュンク堂書店」「銀座 蔦屋書店」でブックフェアなども行われる。 画像提供:東京建築祭三井本館 画像提供:東京建築祭東京国際フォーラム 特別公開される建築は、「東京ステーションホテル」「新東京ビルヂング」「国際ビルヂング」「堀ビル」「明治生命館(丸の内 MY PLAZA)」「日証館」「三井本館」「三越劇場」「江戸屋」「丸石ビルディング」「旧宮脇ビル」「井筒屋」「カトリック築地教会」「SHUTL(中銀カプセルタワー カプセル再活用)」「築地本願寺」「安井建築設計事務所 東京事務所」「岡田ビル」「神田ポートビル」。全て無料・予約不要で観覧することができる。 画像提供:東京建築祭 同特別公開に先がけて、5月20日に、建築家の藤本壮介とJINSの代表取締役CEOを務める田中仁らをゲストに迎え、同祭実行委員長、建築史家である倉方俊輔がナビゲーターを務めるキックオフイベントが三越劇場で行われた。クラウドファンディングの出資者、協賛企業、ボランティアスタッフや公開建築の関係者らに向けたイベントだ。 Photo: Genya Aoki 会場となった三越劇場は、1927年(昭和2年)に世界でも類を見ない百貨店の中の劇場として誕生。華麗な装飾に包まれた場内空間は、2016年(平成28年)に日本橋三越本店本館が国の重要文化財指定を受けるに当たって高く評価されたという。定期的に三越劇場スタッフによる解説付きの見学会が行われているほど高い価値と魅力を誇る場である。 Photo: Genya Aoki翼の生えたライオン像 登壇のトップバッターは、三越劇場の副支配人である齊木由多加が登場。三越はおろか、銀座のシンボルともいえる「ライオン像」と対になるかのように舞台を取り囲む額縁の左右に装飾された翼が生えたメスのライオン像や、場内に隠された隠し絵など、劇場が持つ建築的な価値や、見逃してしまいそうな意匠・装飾を紹介した。 Photo: Genya Aoki天井に飾られた8枚のステンドグラスは、劇場完成と同時期に別府七郎の手によって製作されたもの。現存しているのは大変珍しい。平面のようだが、4層の構造体になっている 藤本は、フランス・モンペリエの集合住宅「L’Arbre blanc(白い木)」、ハンガリー・ブダペストの「音楽の家」、福岡の「太宰天満宮仮殿」、前橋の「白井屋ホテル」、そして2025年に開催される大阪・関西万博の大屋根リングなど、自身が手がけた建築のストーリーや土地が持つポテンシャル、ビジョンなどをつぶさに紹介。自然豊かな北海道から上京した時に感じた「東京は人工物でできた雑木林のような場所」という感覚や、そこからひもづく「自然物と人口物はどう共存・融合・対比されるのか」という藤本建築のテーマともいえる思いなどを語った。 Photo: Genya Aoki藤本壮介 その後、前橋の白井屋ホテルのプロジェクトを手がけ、藤本に建築を依頼した田中を交えて、倉方とともにトークセッションが行われた。良い建築は設計・建築家だけではなく良い施主の存在が欠かせない。そこ

奥多摩の沿線まるごとホテル「Satologue」のレストランとサウナがオープン

奥多摩の沿線まるごとホテル「Satologue」のレストランとサウナがオープン

2024年5月16日(木)、JR青梅線の鳩ノ巣駅周辺に位置する沿線まるごとホテル「さとローグ(Satologue)」内に、レストランとサウナがオープンする。沿線まるごとホテルは、無人の駅舎とその近隣の集落の地域資源を「一つのホテル」に見立てるプロジェクトだ。JR東日本の駅舎をホテルのフロントとして活用し、周辺集落の空き家を客室としてリノベーション、住民にホテルキャストとなってもらい、地域ににぎわいを生み出すことを目指す。 Photo: Keisuke Tanigawa「さとローグ」の外観と自家農園やビオトープが広がる庭 建築を設計したのは、瀬戸内海に浮かぶ移動式ホテル「ガンツウ(guntû)」を手がけたことで知られる、堀部安嗣建築設計事務所である。運営するのは、地域活性化を支援する「さとゆめ」と、東日本旅客鉄道(JR東日本)が担う共同出資会社「沿線まるごと」だ。さとローグはプロジェクトの第1弾として始動し、2025年の春には古民家を改修した宿泊棟も増設される。 Photo: Keisuke Tanigawaレストラン「時帰路」のカウンター席 奥多摩の豊かなストーリーが凝縮したレストラン「時帰路」 2階部分に誕生したレストラン「時帰路(トキロ)」には、「奥多摩の時を語るレストラン」という意味が込められている。同店はかつて民家だったことから、カウンター席はそこに住んでいた人々が床に座った時の高さと同じ位置に設置した。その目線から美しい借景を眺めることができるように設計しているという。 Photo: Keisuke Tanigawa窓から緑を望む半個室 店内に一歩足を踏み入れると、スギやサワラなどの木々の香りが漂い、大きな窓からは青々とした緑と多摩川を望むことができる。カウンターの両隣にはテーブル席と半個室もあり、各部屋からそれぞれ異なる景色を眺められるのも魅力である。 Photo: Keisuke Tanigawa「季節のメニュー」コースの一例 奥多摩の土地のストーリーを込めた、フレンチベースの料理にもぜひ注目してみてほしい。シェフを担うのは、フレンチレストラン「アルゴ」やニューヨークスタイルのレストラン「ザバーン」で腕を磨いた駒ヶ嶺侑太と、ビストロ「レ・ピコロ」、「ビストロエル」などでシェフを務めた高波和基だ。 Photo: Keisuke Tanigawa 料理はアミューズ、前菜、メインをはじめ5品程度が登場する「季節のメニュー」コース(5,500円、以下全て税込み)のみ。多摩川の上流で育ったワサビや新鮮な川魚、庭で収穫した香り高いユズなど、2人のシェフが厳選した多摩川流域の生産者の食材をふんだんに利用しているところが特徴。今後は敷地内の畑で採れた野菜やキノコも積極的にコースに活用していくそう。 ドリンクは、地元のブルワリ―「バテレ(VERTERE)」のビール、「小澤酒造」の酒などもラインアップする。 Photo: Keisuke Tanigawaシェフの駒ヶ嶺侑太(左)と高波和基 「食材には傷ついたヤマメや小ぶりな『治助(じすけ)芋』など、普段は市場に出回らない素材も含まれています。これらは生産者の方に話を聞き、本当は利用できるものだと知ったからこそ活用できる食材たちです」(駒ヶ嶺) 「ほかのエリアで料理をしていた頃は、生産者の方と会う機会もなかったのですが、奥多摩では顔を合わせて生産者の皆さんと対話するからこそ、気付けた魅力的な食材があります」(高波)と、2人のシェフは語る。 Photo: Keisuke Tani

おにぎりメインの角打ちスタンド「MY Eats&Drinks」が三軒茶屋に誕生

おにぎりメインの角打ちスタンド「MY Eats&Drinks」が三軒茶屋に誕生

総菜とケータリングサービスの「コキリコ(kokiliko)」の姉妹店である角打ちスタンド「マイ(MY Eats&Drinks)」が2024年4月27日、世田谷公園の向かいにグランドオープンした。種類豊かなナチュラルワインとクラフトビールとともに、食はおにぎりをメインに、手軽に食べられる総菜を提供する。 Photo: Keisuke Tanigawa 「店内はもちろん、ピクニックなどのシーンでも活用してほしい」とオーナーの米田牧子は語る。おにぎリの具は、できるだけ無農薬・有機のものを使用し、フードロスが出ないように親しい農家から必要な数だけ仕入れるという。米は、特別栽培米に栄養価の高い玄米を少量混ぜる。健康や環境に気を遣っているのは、「食箋(しょくせん)アドバイザー」でもある米田のこだわりだ。 メニューは10種ほどのおにぎり(各350円、以下全て税込み)のほか、好みのおにぎり2個と味噌汁、総菜類の本日の盛り合わせ、ぬか漬けがセットになった「三宿セット」(1,200円)などを用意する。 Photo: Keisuke Tanigawa おすすめは、「鯖ガリ」。国産のサバをパリパリになるまでよく焼き、ガリをたっぷり入れてよく和える。そうすることで、サバ特有の生臭さや油っこさを感じさせず軽快な後味に。サラッとした米の食感も相まり、酒の「あて」感覚で食が進む。 Photo: Keisuke Tanigawa 「ゆかりさきいか」は、大人も子どもも愛すべきメニューと言えるだろう。細かく割いたさきいかは、コクがあり塩味控えめ。ふんわりと香る「ゆかり」との相性も良く、飽きのこないさっぱりとした味わいに仕上がっている。そのほか、「きつね」「たぬき」など遊び心のあるユニークなメニューが揃う。 また、おにぎりは専用のフィルムに包まれており、いつでもパリッとしたのりの食感が楽しめるのがうれしい。 Photo: Aya Ueno セラーには、60本近いワインと、日本のブルワリーを中心としたクラフトビールが並ぶ。自分で取って選ぶのはもちろん、好きなテイストをスタッフに伝え、選んでもらうのもいいだろう。 Photo: Keisuke Tanigawa 同店の周辺には、公園を囲うようにアイスクリーム屋、ドーナツ屋、ハンバーガー屋、ケーキ屋とテイクアウトが可能な店が多く並ぶ。だんだんと暖かくなった今日この頃。天気の良い日はこの最高なロケーションでピクニックを楽しんでみては。 関連記事 『マイ』 『ノスタルジックでカラフルなスイーツビュッフェが新宿で開催』 『金運アップの台湾バーガー専門店「とぶの坂」が高田馬場にオープン』 『世界で最も飲食が楽しめる街ランキングが発表、東京が1位に輝く』 『東京、進化系スコーン4選』 東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

東京、5月11〜12日に開催される国際フェスティバル3選

東京、5月11〜12日に開催される国際フェスティバル3選

ゴールデンウィークが終わり、長く長く感じた1週間がようやく終わろうとしている。今週末は、再び外に繰り出して、仕事や学校の疲れやストレスを発散させたい人もいることだろう。幸い東京という街は、怒涛の連休が終わってもイベントには事欠かない。 白金では、恒例となった母の日にご馳走を食べてもらおうと企画されたグルメイベント「ママの日の青空白金グルメまつり MAMMA MIA」が行われる。日野市では、「隊士パレード」で大変にぎわう「ひの新選組まつり」があるなど、注目のイベントが目白押しだ。 ここでは、東京が持つインターナショナルな側面に目を向け、2024年5月11日(土)と12日(日)に都内で開催する国際フェスティバルを紹介しよう。奥深い異国文化に目覚め、堪能しよう。 画像提供:マイ祭 マイ祭 5月11日には、池袋の「自由学園明日館」で、日本最大級のノルウェーの祭典「マイ祭(Mai Sai)」が初開催される。カフェテラスでは、北欧レストラン「リラ・ダーラナ」のシェフによる「マリネサーモンのオープンサンドイッチ」や、クリームの入った菓子パンなど伝統的な料理をを提供。さらに「オスロブリューイングカンパニー」による爽やかなビールや、「フグレンコーヒー」による上質なコーヒーが味わえる。 また、ノルウェーのアパレル、ライフスタイル関連ブランドの物販が並ぶほか、ノルウェーの民族楽器ハルダンゲルの生演奏やフォークダンス講座、ノルウェー語ミニ講座、ノルウェーへの旅に関するトークイベントなども開催される。 世界的建築家フランク・ロイド・ライトと、その高弟の遠藤新が手がけた重要文化財の中で、ノルウェーの文化を堪能してみよう。 ※10時00分~17時00分(最終入場は16時30分)/入場料は無料(一部コンサートは有料) 画像提供:時色 四川フェス@中野麻婆豆腐商店街 サブカルチャー発信地の「中野セントラルパーク」で、辛くしびれるイベント「四川フェス2024@中野麻婆豆腐商店街」が開催される。「四川料理を広める」をコンセプトにしたこのフェスには13店舗の店が出店し、麻婆豆腐は20種類も提供される。 ミシュラン一つ星を獲得した「サワダ飯店」の「サワダ流麻婆豆腐」、年間100万人が来店する人気店「陳家私菜」の「頂天麻婆豆腐」、池袋の「四川料理 品品香」に代表される数々の四川料理店が、それぞれ自慢の麻婆豆腐を振る舞う。 四川料理店だけでなく、スパイスカレー専門店「スパイスバー スズ(Spice Bar SUZU)」も参加し、同店の人気メニュー「麻辣スパイス豆腐」を食べられる。また、家系ラーメン店「箕輪家」はラーメンのスープで煮込んだ麻婆豆腐を用意。青島ビールも販売する。 加えて、さまざまなフリーマーケット参加者が、四川の名所ガイドや中国雑貨、チャイナドレスなどの物販も実施。ほかにも、香港映画の魅力や中国の鉄道をテーマにしたトークイベントも行う。 麻婆豆腐を通じて、中国・四川をのぞいてみよう。 ※11日は11〜17時、12日は10〜16時(いずれも売れ切れ次第終了)/入場は無料 画像提供:TSP太陽 タイフェスティバル東京 今年で24回目を迎える人気のイベント「タイフェスティバル東京」が、「代々木公園」で開催。在京タイ王国大使館主催のもと、タイの果物や物産、音楽、舞踊など、あらゆる文化を楽しむことができ、約30万人の来場者が見込まれる。 今年も100以上のブースを用意。本場の一流シェフによるタイ料理店「ジャスミン タイ(Jasmine Thai)」、1986年から続く東村山の

Photo of the Day - 東京レインボープライド2024 - プライドパレード

Photo of the Day - 東京レインボープライド2024 - プライドパレード

生と性の多様性とセクシュアルマイノリティー(LGBTQ+)の人々への理解を促す「東京レインボープライド2024」(以下、TRP2024)が、2024年4月20日(土)に続き、21日(日)に開催された。当初3日間の予定だったが、初日は天候不良のため開催中止となったものの、主催者発表によると2日間の延べ動員数は約27万人と、2023年の約24万人を超える大盛況となった。 Photo: Mitsui Yoshida21日の12時、代々木公園渋谷門から、多くの人に見送られパレードがスタートした 60梯団・約1万5000人による過去最大のプライドパレード 最終日となる21日に行われたパレードも、昨年の39梯団(ていだん)を大幅に上回る60梯団が参加。過去最大となる約1万5000人が渋谷の街を七色に染め上げた。本記事では大きなにぎわいを見せたパレードの様子をレポートする。 Photo: Mitsui Yoshida Photo: Mitsui Yoshida Photo: Mitsui Yoshida 子どもから外国出身者まで、多様な人々が「ハッピープライド」の一言でつながる 梯団の中には小さな子どもをベビーカーに乗せて、行進する人も多かった。「ハッピープライド!」と沿道に向かって声を張り上げると、それまで静かに見守っていた沿道の人たちもそれに答えるように、「ハッピープライド」と言葉を返していた。 小学2年生の子どもと共に親子で初めてTRPを訪れた人は、会場の熱気と明るい雰囲気を楽しむとともに、外国人の多さにも驚いたという。住んでいるエリアには外国人は少なく、我が子に、さまざまな人たちの活気ある姿を見せられたと満足げに語った。 Photo: Mitsui Yoshida Photo: Mitsui Yoshida Photo: Mitsui Yoshida たまたま並走するようにゴミ拾いをしていた男性に話を聞くと、初めて目にした​​プライドパレードの華やかさに圧倒されたと語りつつも、「これほど多くのLGBTQ+やアライ(ally=仲間や同盟を語源とするLGBTQ+当事者の支援者)の人がいるんですね」と、素直な実感を教えてくれた。 Photo: Mitsui Yoshida Photo: Mitsui Yoshida Photo: Mitsui Yoshida先導車でドラァグクィーンとともにマイクパフォーマンスを行った日出郎(左) 「トランスに生まれてよかった」と高らかに宣言 自らを「セクシャリティ迷子」と称し、毎年異なる梯団でTRPに参加しているダンサーで歌手の日出郎は、東京トランスマーチの「フロート」と呼ばれる先導車で赤い衣装に身を包み、マイクパフォーマンスを行った。 フロートに乗るドラァグクィーンとともに「トランスに生まれてよかった」と高らかに宣言。事前に言葉を決めていたわけではなく、「仲間たちに囲まれながら、沿道の人たちの声援を聞いていたら自然に出てきました」と言う。 Photo: Mitsui Yoshida Photo: Mitsui Yoshida Photo: Mitsui Yoshida左から細野豪志と公益社団法人「結婚の自由を全ての人に」理事の柳沢正和 「公益社団法人Marriage For All Japan -結婚の自由をすべての人に」の梯団で行進していた衆議院議員の細野豪志は、「TRPには10回以上来ています」と話す。「なかでも今年は節目の年だと感じているんです」。 それは、同性婚を

6月、天王洲で「ジブリパークとジブリ展」が開催

6月、天王洲で「ジブリパークとジブリ展」が開催

天王洲の「寺田倉庫」にあるB&C HALLとE HALLで、「ジブリパークとジブリ展」が、2024年6月28日(金)から9月23日(月・祝)まで開催する。同展は、2022年7月に「長野県立美術館」からスタートし、「ジブリパーク」オープン直前の同年10月から「愛知県美術館」で実施。その後、熊本・兵庫・山口県などで開催されてきた巡回展である。 Ⓒ Studio Ghibli Ⓒ Kanyada ジブリパークの制作の裏側を紹介する展覧会として、宮崎駿の息子でジブリパークの監督を務める宮崎吾朗のスケッチや、多数の資料・模型が展示される。 Ⓒ Studio Ghibli 例えば、ジブリパークの「ジブリの大倉庫」で開催中の企画展示「ジブリのなりきり名場面展」から映画「千と千尋の神隠し」の名シーンを再現し、カオナシの横に座り主人公の千尋になった気分を味わえる立体展示や、ジブリの大倉庫にある「にせの館長室」の展覧会特別バージョンでは仕事に没頭する湯婆婆を見ることができる。 Ⓒ Studio Ghibli このほか、映画「となりのトトロ」で馴染みのネコバスも登場するほか、「三鷹の森ジブリ美術館」や「サツキとメイの家」といったこれまでに手がけた建築物が完成するまでの裏側も公開される。 Ⓒ Studio Ghibli さらに東京会場では、隣接する水上施設「T-LOTUS M」を昭和の船上レストランに見立てた「昭和食堂船」が出現。「昭和が薫るナポリタ~ン」や「昭和が漂うラ~メ~ン」といったメニューを提供する。「コクリコ坂から」など昭和を舞台にした作品に思いを馳せながら味わいたい。 Ⓒ Studio Ghibli このほか、「三鷹の森ジブリ美術館」で行われた「アーヤと魔女」展も展開。宮崎吾朗による細部まで丁寧に描かれたイメージボードや背景美術から温度やリアリティーを感じることができるだろう。 Ⓒ Studio Ghibli Ⓒ Studio Ghibli チケットは、大人1,900円、中・高校生1,600円、小学生1,200円から。4月26日(金)10時以降に公式ウェブサイトで予約できる。三鷹の森ジブリ美術館とのセット券や、ホテルの宿泊プランと連動したチケットもあるので、この機会に、三鷹をはじめ、「八国山緑地」や「日テレ大時計東京」といったジブリスポットを巡ってみては。 関連記事 『ジブリパークとジブリ展』 『アートの街、横浜でしかできない34のこと』 『巡回展「鈴木敏夫とジブリ展」が横須賀美術館で開催中』 『ジブリ好きのための東京ガイド』 『大岩オスカールによるユーモアと社会風刺に満ちたアート展が渋谷で開催』 『オーストラリアのスターシェフのレストランが西新宿に期間限定オープン』 東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

JR新宿駅改札内にエキナカ商業施設「イイトルミネ」がオープン

JR新宿駅改札内にエキナカ商業施設「イイトルミネ」がオープン

2024年4月17日(水)、乗降客数世界一のJR新宿駅改札内に、トレンドグルメを発信するエキナカ商業施設「イイトルミネ(EATo LUMINE)」がグランドオープンする。場所は、西口改札を入ってすぐのエリア。施設内にはベーカリーや総菜・グロッサリー、スイーツ専門店のほか、ランチや仕事帰りにも立ち寄れるイートインショップなど、28のショップを展開する。 「タイムパフォーマンス」や、「ウェルネスパフォーマンス」の高い食体験の提供を目指す同施設には、ここでしか味わえない限定商品や、体や社会に良いものを選びたいというニーズに応えた商品がずらりと揃う。ルミネ初出店となる注目の新店も満載だ。ここでは中でも注目の14店舗を紹介しよう。 1. 東京初上陸のキューブ型ケーキにときめく。「マルサンカクシカク」 Photo: Tomomi Nakamura 大阪で人気のタルト専門店「マルサンカクシカク」は、皿やフォークを使わずにパクッと食べられるタルトで支持を集める。そんな同店でもう1つ目を引くスイーツが、コロンとしたキュートな見た目と、表面のチョコレートコーティングがポイントのパウンドケーキ「キューブパウンドリッチ」(1,080円、以下全て税込み)だ。アールグレイ、キャラメル、ストロベリーの3種のケーキは色鮮やかで思わず心弾む。 2. もなかはドーナツ型を選ぶ。「八 by PRESSBUTTERSAND」 Photo: Tomomi Nakamura 和と洋の垣根を越えておいしさの可能性を追求する「八 バイ プレスバターサンド(by PRESSBUTTERSAND)」は、バター和菓子をメインに扱うブランドだ。新宿店限定のドーナツ型もなかを使った「八もなか〈プラリネあん〉」(1個248円)は、普段和菓子を食べない人でも気軽に手に取れる、アイコニックなビジュアルが魅力だ。プラリネあんの上品な甘さと、ナッツの香ばしさ、コクのあるバタークリームのハーモニーを楽しもう。 3. 進化系マフィンを愛でる。「治一郎」 画像提供:治一郎 バウムクーヘンで人気を誇る静岡のスイーツブランド「治一郎」。同店で注目すべきは、新宿店でしか購入することができない、モダンなスイーツ「治一郎のマフィン」(500円)だ。フレーバーはレモン、黒ごま、チョコレートの3種を展開している。しっとりとした生地のマフィン中央にフィリングを流した筒のようなフォルムのマフィンは、話題性もあり、手土産にぴったりだ。 4. クッキー缶は見た目も素材もこだわる。「BONBONS DE K」 Photo: Tomomi Nakamura 湘南・茅ヶ崎にあるグルテンフリーの焼き菓子専門店「ボンボンドゥカ(BONBONS DE K)」。菓子には国産米100%の米粉を使用し、白砂糖の代わりに国産の蜂蜜ときび砂糖で甘さを引き出している。多彩なクッキーがひと箱にぎゅっと詰まった 「ラ・ボーテ・ア・ボヌール(La Boîte à bonheur)グルテンフリークッキー缶 Un」(5,400円)は、ギフトにもおすすめである。 5. ローカルなパンの虜になる。「BAKERs' Symphony」 画像提供:BAKERs' Symphony 「ベーカーズ シンフォニー(BAKERs' Symphony)」は、パン好きなら必ず足を運ぶべき一軒だ。東京や神奈川、千葉、埼玉の「街のベーカリー」からバイヤーが厳選した1000を超えるパンを集めた同店は、関東を食べ歩きする気分でパンを選ぶことができる。出店店舗は日替わりで40店舗以上

無料特別公開16件、「東京建築祭」のプログラム&参加建築が発表

無料特別公開16件、「東京建築祭」のプログラム&参加建築が発表

2024年5月25日(土)・26日(日)に、東京で初めて開催される大規模建築イベント「東京建築祭」の参加建築とプログラムが発表された。「東京建築祭実行委員会」が主催し、日本橋・京橋、丸の内・大手町・有楽町・銀座・築地などを舞台に多彩な建築の魅力に光を当て、普段は見られない場所を公開する。無料での建築特別公開は16件。さらに、専門家などによるガイドツアーを44コース設ける。 画像提供:東京建築祭東京ステーションホテル 特別公開される建築は、「東京ステーションホテル」「新東京ビルヂング」「国際ビルヂング」「堀ビル」「明治生命館(丸の内 MY PLAZA)」「日証館」「三井本館」「三越劇場」「江戸屋」「丸石ビルディング」「川崎ブランドデザインビルヂング」「井筒屋」「カトリック築地教会」「SHUTL(中銀カプセルタワー カプセル再活用)」「築地本願寺」「安井建築設計事務所 東京事務所」。全て無料で、予約不要で観覧することができる。 画像提供:東京建築祭東京国際フォーラム ガイドツアーでは、銀座のランドマークとして親しまれてきた建て替え中のソニービルが、完成前に同建築祭だけの特別公開を実施する。 画像提供:東京建築祭Ginza Sony Park ほかにも、日本最高峰のホテルと名高い「帝国ホテル東京」内の村野藤吾による茶室「東光庵」の特別見学。三井財閥の本拠地として建てられた「三井本館」では、今も現役のモスラー社製「東洋一の大金庫」や旧社長室など、普段は入ったり見たりすることができないエリアを見学できるなど、建築好き涎垂のガイドコースばかり。いずれも有料で、それぞれ事前申し込みが必要となる。コースの詳細は、公式ウェブサイトで確認してほしい。 画像提供:東京建築祭安井建築設計事務所 東京事務所 さらに、同建築祭前後に丸善やジュンク堂などでブックフェアが行われるほか、5月20日(月)には、建築家の藤本壮介らをゲストに迎え、同祭実行委員長、建築史家である倉方俊輔がナビゲーターを務めるキックオフイベントも実施される。 また、 隈研吾建築都市設計事務所、「東急歌舞伎町タワー」「松本市立博物館」などのプロジェクトに携わった久米設計、ジンズ ホールディングスや竹中工務店、三菱地所設計など、賛同する企業パートナー12社も併せて発表された。  画像提供:東京建築祭日本工業倶楽部会館 同イベントは年に一度の市民参加できる建築のフェスティバルとして、先行するシカゴやロンドンに並ぶ、世界的な建築の祭典に育てていくという。一体どんな体験ができるのか、今から楽しみでならない。ぜひチェックしてほしい。 関連記事 『東京建築祭』 『丸の内など都内3エリアで大規模な建築公開イベント「東京建築祭」が初開催』 「オーストラリアのスターシェフのレストランが西新宿に期間限定オープン」 『伊藤園が新橋停車場跡に、茶の文化を創造する常設型ミュージアムを2館同時オープン』 『ムンクだけじゃない、北欧の絵画が一堂に会する「北欧の神秘」展』 東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

東京から2時間以内、建築が美しいサブスク別荘3選

東京から2時間以内、建築が美しいサブスク別荘3選

リモートワークが普及したコロナ禍後、密集した都市から離れ、自然豊かな郊外での暮らしにシフトする人や2拠点生活を始める人も少なからず増えた。そんな中、サブスクリプション形式の別荘が今、注目を集めている。毎月定額を支払い、会員同士で別荘をシェアできるというものだ。 1970~1980年代、別荘は所有することこそがステータスだった。だが、余計なものを持たずにすっきりと暮らすミニマルな暮らしに憧れる人が多くなった現代では、「自然の中にもう一つ家を持つ」という行為がもっと身近で軽やかなものになりつつある。 さらに、デザイン性の高いモダンな別荘も多く、まるで1棟貸しの宿のような気分で宿泊できるところも人気の秘密だ。ここでは、都心から2時間以内で移動ができる建築が美しい別荘を3軒紹介したい。 1. 谷尻誠建築で能動的なラグジュアリー体験をする。 「DAICHI ISUMI」 画像提供:DAICHI ISUMI 都心から車で約1時間半ほどの里山や海にも恵まれたエリアに位置する「ダイチ イスミ(DAICHI ISUMI)」は、設計者であり、建築家の谷尻誠を含む複数のオーナーが建物の宿泊権利をシェアする会員制貸別荘。利用されない期間は一般への貸し出しも行い、収益を会員で分配するという開かれた場所だ。 建築は寝室と水回り以外の全ての空間が屋外とシームレスにつながる吹き抜けの空間となっており、川と呼応するように配置されたプールを併設している。キャンプ以上別荘未満の空間で「能動的ラグジュアリー体験」を満喫できる注目のスポットである。 画像提供:いすみの家 夷隅川を眺めながら楽しめるサウナも必見。薪(まき)をくべ、炎を眺めながらオリジナルサウナストーブでセルフロウリュを堪能しよう。外気浴は広々としたデッキで空を眺めながら横になれる。 同施設は便利になり過ぎた世の中を背景に、あえて不便な環境に身を置くことで自然の魅力が感じられるという考えのもと造られた。部屋にエアコンはなく、夏はプールに飛び込み、目の前を流れる川を利用して涼をとる。冬は薪ストーブで暖を取る。自然と建築の境界をなくした空間が、今までにない豊かな1日を創出してくれるのだ。 2. 多拠点生活は自然と共生できるデザイン別荘にする。 「SANU 2nd Home」 画像提供:SANU 「自然と共に生きる」をミッションに掲げる「サヌ セカンド ホーム(SANU 2nd Home)」は、各拠点で部屋を借りつつ自然の中で遊び、部屋で思考することにフォーカスした、メンバーシップ制別荘サービスだ。何度も通いたくなる、我が家の代わりに使えるセカンドホームをイメージし、都心からアクセスしやすい海沿いや山間部、湖畔周辺に造られた。 現在は軽井沢や山中湖、伊豆、那須をはじめ、15拠点78室に拡大している。平日はワーケーションを楽しむ共働き夫婦、休日は緑の中でリフレッシュしたいファミリー層が多く集まるという。 画像提供:SANU 2nd Home 別荘にはさまざまなデザインのキャビンをラインアップしているが、最も多く建設されているのは建築家の安齋好太郎と共に設計した、八ヶ岳や河口湖などに点在する「サヌ キャビン(SANU CABIN)」である。天井高4メートルの開放感のある空間と雄大な景観を取り込む大きな窓、曲線が美しいリビング、緑を眺めながら朝食が楽しめる広々としたテラス。唯一無二のデザインで、心地よい時間を過ごせるだろう。 リモートワーカーにうれしいワークスペースは、リビングとシームレスにつながりながら、柔らかな曲面壁

「百年後芸術祭-内房総アートフェス-」でしかできない9のこと

「百年後芸術祭-内房総アートフェス-」でしかできない9のこと

2024年3月23日、アートとクリエーティブ、テクノロジーの力を融合した芸術祭「百年後芸術祭-内房総アートフェス-」が開幕した。総合プロデューサーは「クルックフィールズ(KURKKU FIELDS)」を営む音楽家の小林武史、アートディレクターは「いちはらアート×ミックス」ほか多数の日本の芸術祭を手がける北川フラムだ。 同イベントは千葉県誕生150周年記念事業の一環として実施され、絵画に映像、インスタレーションなど、多岐にわたる約90の作品が、内房総5都市を舞台に展開する。市原市では牛久商店街や「市原湖畔美術館」、旧里見小学校などの各拠点に約60点の展示を行う。木更津市、君津市、袖ケ浦市、富津市の各市では、各地を巡回しながら作品鑑賞できる。 軸となるテーマはアートを主とする「LIFE ART」と、音楽を主とする「LIVE ART」だ。「LIFE ART」は、北川フラムが人々の生活に根ざした地域の営みに美を見いだし、アーティストとともに表現する。「LIVE ART」では、小林武史を中心に音楽、ダンス、テクノロジーなどを組み合わせたライブパフォーマンスを実施していく。 ここでは芸術祭の見どころをダイジェストで解説していきたい。 1. 高度経済成長期のドリームハウスに思いを馳せる。 Photo: Tomomi Nakamura SIDE COREが手がけた「dream house」は、高度経済成長期から「東京湾アクアライン」が開通するまでの木更津を象徴したような作品だ。ぽっかり浮かんだ一軒家の背景には「東京湾アクアライン」が架かり、対岸からその景色を眺めることで、当時の様子を思い浮かべることができる。 神奈川県川崎市と千葉県木更津市を結ぶ道路の誕生は、密集した都市から抜け出し「マイホームを持ちたい」と願う人々が理想を胸に、この地に流入する要因となった。「夢の架け橋」とも言われた道路は、家族の形や人の生き方までを変えてしまう威力を持っていたのである。 2. 女神と現代の⾁体の融合を目の当たりにする。 Photo: Tomomi Nakamura 木更津駅周辺の倉庫内に展示されている「V(仮設のモニュメント5)」は、魔術と救済、人間と非人間など両義的な中間領域を探求する小谷元彦が手がけた作品だ。約4000年前の縄⽂時代の⼟偶「仮⾯の⼥神」と現代の⾁体を融合させるモニュメントを作り上げ、奈良時代の半跏倚坐(はんかいざ)の「⽉光菩薩像」を像に重ねている。 Photo: Tomomi Nakamura 当時は埋葬する際に顔に土器を被せたり、手足を折る習慣があったりしたことから、この像にもそれらの風習が反映されている。従来の「仮⾯の⼥神」に刻まれた模様を現代の衣服として捉え直し、土器をアンクレットのような形で足にかけるなど、過去から現代、未来の時間を凝結した作品となっている。 3. この地に生きた人の痕跡を感じる。 Photo: Tomomi Nakamura 袖ケ浦市の「旧進藤家住宅」内に展示された、大貫仁美作の「たぐり、よせる、よすが、かけら」は、旧家にあったガラスの「断片」で作った衣服によって、この地を生きた人の痕跡の可視化を試みた作品だ。彫刻のように型を作ってからガラスを流し込み、「傷」を装飾し「美」に転じさせる金継ぎを随所に用いることで、「完璧とは違う欠落から生じる美の姿」を表現している。 Photo: Tomomi Nakamura ガラスの下着がベースとなった作品は、危うさやはかなさも感じられるが、よく見ると、型の土台はふっくらとし

パリの日本人三つ星シェフが担う「KEI Collection PARIS」が虎ノ門に誕生

パリの日本人三つ星シェフが担う「KEI Collection PARIS」が虎ノ門に誕生

「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」の最上階49階の東京ノード(TOKYO NODE)内に、2024年3月26日(火)、グリルガストロノミー「ケイ コレクション パリ(KEI Collection PARIS)」がオープンした。 画像提供:KEI Collection PARIS オーナーシェフは、パリのフレンチレストラン「レストラン ケイ(Restaurant KEI)」を手がけ、2020年にはアジア人で初めてミシュランガイドで三つ星を獲得するという偉業を成し遂げた小林圭だ。パリで小林から直伝の指導を受けたシェフ、久保雅嗣(くぼまさつぐ)とともに日々最高の素材を仕入れ、調理を担う。 画像提供:KEI Collection PARIS 大人の遊び場がコンセプトのラグジュアリー感あふれるレストランは、アオヤマ ノムラ デザイン( A.N.D.)の小坂竜がデザインを担当した。 クリスタル照明が輝く入り口のバーカウンター、レストランスペースと続き、窓からはきらめく都会のパノラマ夜景を望むことができる。有機的なカーブのレイヤーが連続する天井や壁は、まるで劇場幕のドレープのようにドラマティックだ。壁には蜷川実花や、スタジオ サワダ デザイン(STUDIO SAWADA DESIGN)のアートが点在しているところにも、注目してみてほしい。 画像提供:KEI Collection PARIS オープンキッチンを取り囲むカウンター席やテーブルは、「ゲストが素材と間近に出合うステージのような場であってほしい」という小林の思いを反映した設計となっている。さらに、地上250メートルのインフィニティプールを有するルーフトップテラスを併設し、4月19日(金)からはプールに隣接するルーフトップバーもオ―プンする。非日常感たっぷりの開放感あふれる空間でアペリティフやアフターディナーも満喫できるのがうれしい。  画像提供:KEI Collection PARIS 料理は初の「アラカルト形式」を採用している。毎日入れ替わる品書きの中から、ゲストが好きな料理を選び、自分だけのコースを組み立てることができる。メニューは素材の力を最大限に引き出すガストロノミックな前菜の数々と、「火入れ」にこだわり抜いた肉や野菜、オマールエビなどをラインアップする。 画像提供:KEI Collection PARIS グリエやソテー、ポワレなどのフレンチの手法に日本ならではの「炭火焼き」のエッセンスをプラスし、調理温度を1度単位まで調整しながら、素材が本来持っているおいしさを引き出しているところが特徴的である。ドリンクはフランスを中心にしたワインコレクションや世界のスピリッツ、ユニークなオリジナルカクテルが多数楽しめる。 画像提供:KEI Collection PARIS ぜひ一度トライしてみてほしいのは、「サザエの海藻バター焼」(1,500円、以下全て税込み)。あおさや魚醤(ぎょしょう)を使った濃厚な海藻バターソースで素材の磯の香りを引き立たせ、芳醇(ほうじゅん)な味わいに仕上げた。レモンのコンフィの酸味がほどよいアクセントになっている。 画像提供:KEI Collection PARIS 「赤城牛の時雨煮 石焼きロール寿司 」(1貫1,500円)はうまみたっぷりの和牛しぐれと旬野菜、パリッとした佐賀県産の海苔を同時に楽しめる逸品。焼石の上に乗せて提供しているため、常に温かい状態で堪能できる。 画像提供:KEI Collection PARIS 「最中 紅富士サーモン

横浜ワールドポーターズが約40%を刷新する大規模リニューアルを実施

横浜ワールドポーターズが約40%を刷新する大規模リニューアルを実施

2024年4月26日(金)、「横浜ワールドポーターズ」が「超エンタメモール」へと生まれ変わる。神奈川県初出店20店舗を含む専門店68店舗、全体の約40パーセントを刷新する大規模リニューアルを実施するという。 画像提供: 横浜ワールドポーターズ 同リニューアルは、4月と夏の2回に分けて行われ、第1期リニューアルでは、新規16店舗を含む37店舗を更新。中でも注目は、2階にできる「エンタメキャラクターワールド&ライフスタイルグッズ」ゾーンだ。 画像提供:横浜ワールドポーターズマインクラフトブランドイメージ画像 VRアトラクションや、大人気ゲーム「マインクラフト」の公式ショップ「エブリシング マインクラフト(EVERYTHING MINE CRAF)」が出店する。 3階イメージ 3階の「エンタメガジェットワールド&カジュアルストリート」は「ウィゴー ヴィンテージ(WEGO VINTAGE)」といった古着などを取り扱うZ世代に人気の専門店が集積。ガジェット感あふれるショッピングストリートになるという。 画像提供:横浜ワールドポーターズVS PARK 4階には、体を動かしながらバラエティ番組のような体験ができる屋内アクティビティ施設「ブイエス パーク(VS PARK)」が神奈川県初出店を果たす。 画像提供: 横浜ワールドポーターズ このほか、国内外観光客向けの土産を強化するほか、外観も刷新。ブラウンやベージュを基調としたデザインにし、夜間はみなとみらいエリアの夜景に溶け込むようライティングを更新するという。 今夏の第2期リニューアルでは、1階にみなとみらいエリア最大級となる約500席のフードホールを新設する。 画像提供: 横浜ワールドポーターズフードホール(イメージ) 人気グルメイベント「台湾祭」初のレストラン業態「台湾祭STORE」や、本格派ベトナム料理を手軽に楽しめる「越南路」、シンガポールチキンライスなどのアジア料理専門店「新嘉坡鶏飯」などのワールドグルメが勢揃いする。エンタメスイーツゾーンには、スイーツメディア「ufu.」が手がける国内初リアル店舗「チャンク アンド モグ(Chunk & MOG)」が出店。アメリカンなチャンククッキーやパティシエが本気で考えたポップコーンなどを提供する。 生まれ変わる横浜のランドマークに今から目が離せない。 関連記事 『横浜ワールドポーターズ』 『「第8回横浜トリエンナーレ」でしかできない5のこと』 『3月31日「ガンダム ファクトリー ヨコハマ」が完全クローズ』 『意識や身体がリフレッシュされる感覚』 『代々木公園を夜市に、「東京ナイトマーケット」が5月に開催』 東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら