Get us in your inbox

Sorcha McCrory

Sorcha McCrory

Contributing journalist, Denmark

Articles (3)

From ski slopes to slow fashion: How Copenhagen became the greenest city in Europe

From ski slopes to slow fashion: How Copenhagen became the greenest city in Europe

Over the past decade, Copenhagen has become as synonymous with ‘sustainability’ as it is with ‘pølse’ or ‘Hans Christian Andersen’. And in the case of Denmark’s capital, it’s more than just a buzzword: this city has just been voted the most ‘sustainable’ in the world (and the ‘greenest’ in Europe) by locals in the 2021 Time Out Index survey.  Much of that is down to the city’s pledge to be carbon-neutral by 2025. This has been the impetus behind huge landmarks like CopenHill on Amager Bakke – an urban mountain sports centre atop a waste-to-energy plant that supplies tens of thousands of homes and businesses – and has ensured the municipality aims to make the green choice the easiest choice for Copenhageners. But it’s not just the city authorities who are to thank; the locals should be too. From a radical history of urban farming to the pioneering use of social media to create hyper-local circular economies, the great people of this city have also played an active role in keeping it green. Here are five ways Copenhagen has led the way on sustainability – and how other cities can follow suit.

The 49 coolest neighbourhoods in the world

The 49 coolest neighbourhoods in the world

New normal. You’ve probably heard that phrase a lot over the past 18 months. When the pandemic hit last year, humankind entered a new era. And the day-to-day lives of city-dwellers – so used to the social aspect of urban living – changed with it. But now, many of us have gone some way to throwing off those shackles. Border restrictions are loosening. Bars, restaurants, even clubs are reopening. And while the pandemic still rages on, we’re all tentatively reaching out to something that kind of resembles a better normal. So, what’s that, exactly? To find out, you’ve got to look at what’s going on around you, out on the street, down the park, in your backyard. Throughout 2020 and 2021, our cities have thrived. Against impossible odds, communities banded together, hung out, made stuff. They displayed all the same energy and resilience and grassroots ingenuity that allowed them to spring up in the first place. They survived. And now we come to our annual ranking of the world’s coolest neighbourhoods. This year, we couldn’t help but switch up our priorities. Food, drink, nightlife, culture – important. Community spirit, resilience, sustainability – just as important, especially if we are to come out of this pandemic with things we can be proud of and tell the rest of the world about. Just like we’ve done for the past three years, we took the results of our annual Time Out Index survey (which this year polled 27,000 city-dwellers) to our local editors and contributors. They then vet

Los barrios más cool del mundo de 2021

Los barrios más cool del mundo de 2021

Nueva normalidad. Probablemente hayas escuchado mucho esa frase durante los últimos 18 meses. Cuando la pandemia golpeó el año pasado, la humanidad entró en una nueva era. Y la vida cotidiana de los habitantes de la ciudad, tan acostumbrados al aspecto social de la vida urbana, cambió con ella. Pero ahora, muchos de nosotros hemos logrado deshacernos de esos grilletes. Las restricciones fronterizas se están aflojando. Se reabren bares, restaurantes e incluso clubes. Y mientras la pandemia aún continúa, todos estamos tratando de llegar tentativamente a algo que se asemeja a una mejor normalidad. Entonces, ¿qué es eso exactamente? Para averiguarlo, debes mirar lo que sucede a tu alrededor, en la calle, en el parque, en tu patio trasero. A lo largo de 2020 y 2021, nuestras ciudades han prosperado. Contra todo pronóstico, las comunidades se unieron, pasaron el rato, hicieron cosas. Mostraron la misma energía, resistencia e ingenio de base que les permitió surgir en primer lugar. Ellos sobrevivieron. Y ahora llegamos a nuestra clasificación anual de los vecindarios más geniales del mundo. Este año, no pudimos evitar cambiar nuestras prioridades. Comida, bebida, vida nocturna, cultura: importante. Espíritu de comunidad, resiliencia, sostenibilidad; igual de importante, especialmente si vamos a salir de esta pandemia con cosas de las que podemos estar orgullosos y contarle al resto del mundo. Al igual que lo hemos hecho durante los últimos tres años, llevamos los resultados de nue

News (1)

コペンハーゲンがリードするサステナブルな5のこと

コペンハーゲンがリードするサステナブルな5のこと

「コペンハーゲン」というワードは、この10年間で、サステナビリティの代名詞となった感がある。このデンマークの首都名が、同国が誇るプルセ(ホットドッグ)やハンス・クリスチャン・アンデルセンと同じように、世界で注目されているのだ。 しかもこれは単なるトレンドではない。2021年にタイムアウトが実施した都市調査で、コペンハーゲンは世界で最も「持続可能な都市」、そしてヨーロッパでは最も「グリーンな都市」に選ばれているのだ。 人々がこの街にそうしたイメージを持っている理由の一つに、市が2025年までにカーボンニュートラルの実現を公約にしていることが挙げられる。公約実現のため、市は環境に配慮した選択が市民にとって最も簡単な選択になるような取り組みに積極的。例えば、廃棄物発電所と都市型マウンテンスポーツセンターが融合したCopenHill on Amager Bakkeのような大規模施設を建設し、何万もの家庭や企業に「グリーンな」電気を供給している。 しかし、公約達成のための努力しているのは、自治体だけではない。地元の人々によるサポートも目覚ましいものがある。ラディカルな歴史を持つ都市型農業、革新的にソーシャルメディアを利用した超ローカルな循環型経済など、この街に住む偉大な人々はコペンハーゲンを「グリーン」に保つため、さまざまなことに能動的に関与してきた。 ここではコペンハーゲンがリードしている、5つのサステナブルなことと各領域における代表的なプロジェクトを紹介する。ほかの都市が倣うことができるかを考えてみよう。 1. アーバンファーム Photograph: Anna Svetlova / Shutterstock.com コペンハーゲンの至る所で見られる、アーバンファーム(都市型農園)。市民の手による緑化の実践、コミュニティーの取り組み支援、生物多様性を促進などの機会を提供している。 Øens Haveアーバンファーム兼レストラン。地元の人々が野菜を育てること、購入すること、共同の食事会で食べることを楽しんでいる。有機農業についての勉強会、ヨガのクラスも開催。 Byhaven2200ナオルレブロでボランティアが運営しているガーデンプロジェクト。野菜やハーブが植えられた農園にはコミューナルテーブルがあり、コペンハーゲンの季節の恵みを感じることができる。プロジェクトには誰でも参加可能だ。 Havhøst都市部で栽培されているのは野菜だけではない。Havhøstはコペンハーゲンの港で海藻などの再生可能な作物を栽培している。海藻は海からの栄養分を吸収し、二酸化炭素を蓄える。そして、多くの海洋生物が生息できる場所をを作り出すことでも注目度が高い。 2. グリーンな食材調達アプリ コペンハーゲンのレストランでは、地元生産者から仕入れた旬の食材を使うのが基本だが、一般消費者が食料品を買う時にもそうしたことが実現できるサービスも充実している。 Blue Lobsterアプリベースのマーケットプレイス。環境への影響が少ない方法で取られた、サステナブルな魚介類を扱う。以前から街のトップシェフたちには利用されていたが、最近「家庭の料理人」たちも、このアプリを通して地元漁業をサポートできるようになった。 GRIM野菜の定期購入サービス。デンマークのスーパーマーケットが買わないものを地元の生産者から購入し、食品ロスを削減している。形の悪い(でも常においしい)野菜と一緒に、何を作ればいいか分からないシェフのためにレシピが届くのもうれしい。 Birkemosegaard1906年