Get us in your inbox

Grace Beard

Grace Beard

Deputy Travel Editor

Grace Beard is Deputy Travel Editor at Time Out. She's been a travel editor and writer for seven years, previously at Culture Trip, Plum Guide and National Trust.

Articles (2)

The 23 best things to do in the world in 2023

The 23 best things to do in the world in 2023

Almost three years since the you-know-what put all our plans on hold, it’s set to be a pretty big year for getting out and doing things. 2023 has come through with an absolutely loaded cultural calendar – we’re talking the biggest summer for live music since 2019, a bunch of new museums, some pretty epic outdoor adventures, and much, much more. Plus, with all the new high-speed and overnight trains launching this year, you can get around and do the things you want to do much more sustainably than ever before.  So get your booking fingers at the ready. From music festivals and new museums to massive shops and the real-life Mushroom Kingdom, this is your definitive guide to the coolest new things to do in the world in 2023. RECOMMENDED:  🖼️ The best museums and galleries in the world🚂 The most incredible train journeys around the world🌊 The cities that could be underwater by 2030🌹 The most romantic places in the world 🍸 The coolest bars in the world right now🤿 The best beaches in the world

Where to go in winter, according to 8 travel writers

Where to go in winter, according to 8 travel writers

Baby, it’s cold outside! And inside, for that matter. Winter is settling in, but that doesn’t mean travel has to go on hold – in fact, this is one of the best times of the year to hit the road. And if you’re looking for some winter destination inspiration, look no further. We went to some of our favourite travel writers who have published books this year, and asked them about the one place they love to visit in winter. The resulting list celebrates the destinations that shine in the colder months – whether they’re winter-sun spots offering an escape from the cold, or places to embrace the season’s chilly delights. So don’t wait till summer to get out there. Grab your snow boots (or your swimsuit) and explore the best winter destinations on earth. RECOMMENDED: 🎄 The best places to travel in December❄️ The best places to travel in January💙 The best places to travel in February🎁 The best places to go for Christmas🎆 The best places to celebrate New Year

Listings and reviews (1)

Derren Brown: ‘Showman’ review

Derren Brown: ‘Showman’ review

4 out of 5 stars

Way back in 2009, during Derren Brown’s televised event ‘How to Control the Nation’, a friend of mine claimed she’d been subliminally controlled and that she was physically unable to stand up from her seat. Being teenagers, and apparently raging cynics, we all took the piss out of her relentlessly. After watching his latest live extravaganza ‘Showman’, I have to apologise to my mate. Perhaps it was a trick of the light; perhaps I’ve become much more receptive to subliminal suggestion as I’ve aged: however he did it, Brown got me. I can sincerely say that, despite my best efforts to remain a skeptic, a good five to ten seconds were completely erased from my memory.  Without stating the obvious, if you’ve only ever seen Derren Brown on the telly, only in person do you really experience how hypnotic he is. There’s an excitable, almost unruly audience at the Apollo on opening night, but it doesn’t take much for them to become puppets at the end of the illusionist’s string. Brown’s unwavering poise and trademark gallows humour carry a show that swings – often very suddenly – on the pendulum between playful and sobering, heartfelt and horrifying.  The show’s tricks lean on these polarities. One minute there’s a circus-like atmosphere, with balloon-popping games, giant teddy bears and clever card tricks; but before you know it, Brown can rapidly turn the mood on its head. Without giving too much away, it’s the moments of solemn hush that will stay with you after the show, rather tha

News (14)

混雑を避け手頃に旅行、世界のおすすめ穴場観光地

混雑を避け手頃に旅行、世界のおすすめ穴場観光地

世界には、人気が急上昇して手に負えなくなった観光地があることは、いまさら言うまでもない。格安航空券やソーシャルメディアの普及により、スペインのバルセロナからイタリアのアマルフィ海岸まで、さまざまな場所でオーバーツーリズムに拍車がかかっている。特に夏場のバカ高い料金とひどい混雑は耐え難い。さらにこの問題は、旅行者のみならず、住民にも悪影響を与えている。 ほかの人と同じ場所で休暇を過ごす必要はない。言えるのはこれだけだ。 我々が生きているのは、古くて大きな世界。あまり知られていない場所はたくさんある。そうした土地への旅行は出費を抑えることができるし、訪れること自体がその地の経済の活性化にも貢献できるのだ。もしかしたら、ビーチを独り占めすることだって夢ではないかもしれない。 2023年は、これまでの「行きたい場所リスト」は忘れ、今まで考えもしなかったような場所へ旅する年だ。ヨーロッパのビーチホリデーの代替地を探し、小さな町や地方を発見し、首都を飛び出してその国の地方都市への旅を試みてみよう。既成概念にとらわれない旅ができる場所を、以下に紹介する。 オルタナティブヨーロッパ 混雑している観光地が世界で最も集中しているのが、おそらくヨーロッパ。 観光客に「ほかに行ってくれ」と懇願しているような場所さえある。2023年はそのメッセージに耳を傾ける時かもしれない。イタリアの静かな海岸から、ヨーロッパの次のフェスティバルスポットまで、我々が注目する過小評価されている旅先を見てみよう。 Photograph: Shutterstock 「夏フェス」なら:パグ島からデルミへ クロアチアはこの10年間で、ヨーロッパにおけるサマーフェスティバルの王者としての地位を確固たるものにしてきた。しかし2023年、その状況が一変するかもしれない。「アルバニアのリビエラ」といわれる小さな海岸沿いの町、デルミがヨーロッパのフェスティバルシーンにおける新しいホットスポットになりつつあるのだ。 クロアチアの「Hideout Festival」でバケットハットとポーチを身に着け、エレクトロな雰囲気に包まれた1週間を過ごすのが好きであれば、「ION Festival」が新しいお気に入りになるかもしれない。デルミの美しい海岸で7日間にわたり開催されるこのイベントでは、ダンスミュージックとウェルネスアクティビティが楽しめる。 デルミの魅力は、ヨーロッパの地中海沿岸の雰囲気をほかのどこよりも、はるかに節約しながら満喫できること。フェスティバルのことはどうでもいい、という人にもおすすめだ。 どれだけ節約になる?:アルバニアでは、クロアチアよりもビールが77%安い。 Photograph: Shutterstock ビーチなら:アマルフィ海岸からポンティーネ海岸へ ローマの南に位置するポンティーナ海岸には、歴史ある海辺の町があり、沖には太陽の光が降り注ぐ島が点在している。観光客はここよりもっと有名な(そしてもっと混雑している)アマルフィ海岸に集まるため、ほとんど注目されてこなかった。そこで2023年は、ローマの人たち同じように行動してみてはどうだろうか。 テッラチーナ、スペルロンガ、ガエータといった海岸沿いの町には、広々とした砂浜がある。テッラチーナの「Vicoletto」では、新鮮な魚介類のパスタに舌鼓を打ち、地元のワインを堪能しよう。ポンツァ島やヴェントテーネ島へ行き、岩の多い入り江や隠れた入り江で泳ぐのもいい。 どれだけ節約になる?:テッラチーナのレストランは、アマルフィ海岸のの

寒さに震えるぐらいなら南国へ脱出、欧州のバカンスは夏から冬へ

寒さに震えるぐらいなら南国へ脱出、欧州のバカンスは夏から冬へ

2022年の夏の旅は本当に混沌(こんとん)としていた。パンデミックによる人員削減で航空会社や空港の人員が大幅に不足し、夏休みのラッシュに対応できなかったため、旅行者は空港で果てしない行列に直面。目的地の空港に到着できたとしても、多くの人々はロストバゲージで足止めされ、ようやくたどり着いたビーチや観光地は混雑に見舞われていたということは珍しくなかった。 さらに追い打ちをかけるように 、去年の夏は気候変動に関連した自然災害が続発。ヨーロッパと北アメリカ全域で記録的な干ばつと熱波が起こり、観光地を含む多くの地域で山火事が発生。ヨーロッパの山火事では、2万人以上の死者が出た。 夏の旅行はストレスが多く、不快で、時には危険な目にも遭う。なぜ我々は6月から9月にかけて、予約でいっぱいの格安航空会社のフライトに自ら乗り込むことを続けてしまうのだろうか。 冬は新しい夏 ただ、そうした状況は少しは変わりつつある。夏の気温が壊滅的なレベルまで上昇し続ける中、寒い時期に太陽を求め、ピークシーズンの混雑を避けようとする人々が増えている。基本的には旅行できるのは夏だけという、幼い子どものいる家族でさえ、ほかの選択肢を考えているようだ。 ロンドンに住む美容師で2児の母であるキャサリンもその一人。「これまでは、旅行は学校の夏休みにする必要がありました。でも、パンデミック規制が解除されてからは、完全にカオス状態。だから、今年の休暇はクリスマスにしようとすでに計画しているんです」 トリップアドバイザーのレポートによると、世界の旅行者の3分の2以上が、この冬に旅行を計画しているとのことだ。同社の広報担当者、スカイ・ファーガソンは、次のように解説する。 「2022年12月から2023年2月の旅行計画で最も急増した目的地を見ると、冬の太陽を求めてヨーロッパから脱出するイギリス人の数が明らかに増えています。急成長している上位15都市は全てイギリスから飛行機で7時間以上の距離にあり、そのうち9都市は東南アジアです。ベトナムがマレーシア、タイ、フィリピンと並んで、イギリス人旅行者に絶大な人気を誇っています」 「冬眠ホリデー」が人気 人々は冬に長距離の旅先を選ぶだけでなく、長期間の旅行に出かけるようになっているようだ。英国旅行業協会(ABTA)によるレポート「Travel in 2023」では、2023年の旅行における主要トレンドの一つとして「冬眠旅行」を挙げており、Jet2holidaysやTUIなどの旅行会社では、冬の長期休暇を予約するイギリス人旅行者が、パンデミック前と比較して増加するだろうと予測している。 長期滞在には節約の要素もある。十分安い宿泊施設があれば、遠く離れたビーチで2週間ほど過ごすのも、高騰する暖房費を節約する一つの方法といえるだろう。新年が明けるまで待てば、さらに安くなる。「もし、ホリデーシーズンの休暇を我慢して旅行ができるのなら、1月第1週目に出発する長距離便の運賃はかなり下がる傾向にあります」とKAYAK UKのカントリーマネジャー、エヴァン・デイは教えてくれた。 長い間、賢い旅行者は「ショルダーシーズン」呼ばれる春と秋、特に3月、4月と9月、10月に海外へ行くことを好んできた。しかし、冬に遠くへ出かけることは、通常夏に旅行する人々にとって、ますます人気のある選択肢になりつつあるといえる。 オーバーツーリズムの軽減 そして、冬の旅行が増えることにはもう一つ、「オーバーツーリズムの軽減」という潜在的なメリットがある。この問題は近年、地域社会を破壊し、自然に壊滅的な影響

逆境の中でもホテルより「エアビー」が増える理由

逆境の中でもホテルより「エアビー」が増える理由

2008年の創業以来、Airbnbは「世界征服」としか言いようのない快進撃を続けている。同社は元々、小遣い稼ぎのために何人かの友人が集まり、リビングルームを貸し出したのをきっかけにビジネスをスタート。今では世界最大の民泊サービス会社に成長し、2022年時点で220の国と地域における10万都市の物件を掲載している。また、その飛躍の過程では、模倣者やライバルも登場した。 民泊への反発 しかしそうしたブームの中で、「民泊への反発」も次々と湧き出ている。バルセロナ、アムステルダム、ベルリンなどの都市でAirbnbや類似プラットフォームが人気を博し、その結果、家賃の高騰、住宅不足、地域全体の「観光化」などが表面化、非難されるようになったのだ。例えばイギリスでは、​毎日平均29軒の住宅が民泊市場に流出しているという。 こうした状況に対する動きは、世界中のコミュニティーで活発だ。2019年には、ヨーロッパの10都市が欧州連合(EU)に宛てた書簡に共同署名し、民泊に対する規制強化を要求した。 自治体単位では、厳しいルールをすでに導入しているケースも見られる。2017年、ロンドンでは民泊サービスを提供する場合、年間90泊までに制限され、スペインのパルマ・デ・マヨルカではAirbnbスタイルで物件を貸すことが事実上禁止になった。 南カリフォルニアのサンタモニカでは、全戸貸しの場合は連続30日未満という制限が導入され、1つの部屋を貸し出す場合は、その家にホストが住んでいることが求められている。2022年12月、ニューヨーク市はより厳しい規則を発表。これにより同市では、2023年に1万件のAirbnbレンタルが消滅する可能性があるとの試算もある。 しかし、民泊に対する苦情は、地域社会や政府だけが上げているわけではない。2022年、Airbnbは隠れた料金、門限、家事リストに関する宿泊客からの新たな批判の波に直面。ソーシャルメディア上では多くの人々が民泊よりもホテル滞在の良さを称賛した。ベッドメイクやゴミ出し、夜中の3時に薬局を探す手伝いをしてくれるのを嫌がる人はいないということだろう。 民泊の逆襲 一瞬、民泊に対して激しい向かい風が吹いたように見えた。しかし同時に、2023年になっても、その需要がなくなったわけでもないことも明らかなのだ。Airbnbはこのパンデミックから無傷で脱出したどころか、2022年第1四半期の予約件数が2019年の同時期と比較して80%増加したと報告。そして、民泊の市場全体は拡大を続けており、全戸貸しプラットフォームであるVrbo(1995年に設立、最近ブランドを変更)は、Airbnbの主な競合の一つとして台頭している。 Airbnbは、批判や競争をただ受け止めているだけではない。同社は宿泊客からの反発を受け、隠れた手数料を廃止した。旅行業界の情報サイトであるSkiftは、この動きは2023年の民泊市場に波及するであろうと指摘している。 ワーケーションとキッチン さまざまな批判はあるものの、民泊にはホテルと比較して重要な利点がある。特に、家族連れや複数の部屋を必要とするグループには常に人気なのだ。 それに加え、近年の「リモートワーク革命」が追い打ちをかけ、デジタルノマド、長期滞在、「ワーケーション」での利用が爆発的に増加している。こうした目的には、ホテルよりもアットホームな雰囲気を提供できる民泊の方が向くのだろう。実際、ホテルでは平均2泊するのに対し、民泊では5日半も滞在するというデータもある。 さらに、ホテルの部屋にはほとんどないものが民泊には

Here’s where to travel in 2023, according to the Guardian

Here’s where to travel in 2023, according to the Guardian

Ah, Blue Monday. We meet again. Whether you think the ‘most depressing day of the year’ is a giant marketing ploy or you reckon there’s actually some science behind it, the third Monday in January is still a great time to plan your travels. It’s mid-winter, you need to book your time off for the year ahead, and there are still loads of travel deals to take advantage of.  Just in time for Blue Monday, the folks over at the Guardian have compiled a pretty inspiring list of places to visit in the coming months. From a little-known Portuguese fishing village to France's newest gastronomic capital, the round-up covers all four corners of Europe and focuses on ‘sustainable adventures’.  Ready for some inspo? Here’s the full list of where to holiday in 2023 – and what to do when you’re there – according to the Guardian. 1. Fuseta, Portugal for a peaceful beach break  2. Liguria, Italy for the new night train to the Cinque Terre  3. Kranj, Slovenia for a sustainable city break  4. North of England, UK for new museums and galleries 5. Spetses, Greece to explore the island featured in ‘Glass Onion’ 6. Imotski Lakes, Croatia to explore the Dalmatian lake district 7. Margate, UK for film destinations, food and art 8. Ridgeway trail, UK to celebrate its 50th anniversary 9. South-east Turkey to discover an unexplored region 10. Tuscany, Italy to discover the region’s sculptures 11. Hauts-de-France for an escape to the new European Capital of Gastronomy 2023 12. Affric Highlands, Scotland t

Madrid, uno de los mejores lugares para visitar este 2023 según el New York Times

Madrid, uno de los mejores lugares para visitar este 2023 según el New York Times

¿Quieres hacer un gran viaje este año pero no sabes adónde ir? Los expertos del New York Times han publicado su lista anual de 52 lugares a los que ir en 2023. La edición de este año se centra en la cuestión de por qué viajamos, destacando la comida, la cultura, la aventura y la belleza natural como cuatro de los principales elementos que nos impulsan a ver el mundo. Por ello, los lugares elegidos ofrecen todos o algunos de estos elementos (y muchos más). Y entre esos lugares está también Madrid, "pistoletazo de salida a un homenaje mundial a Picasso en un lugar que es una obra maestra en sí mismo" indica el periódico. Además de las Celebraciones del Año Picasso, la editora AnneLise Sorensen destaca que "el arte de la ciudad no está solo dentro de sus museos, sino también fuera de ellos: el núcleo cultural de Madrid es una obra maestra urbana de arte, naturaleza y luz, y en 2021, toda la zona del Paseo del Prado y el Parque del Buen Retiro, denominada 'Paisaje de la Luz', fue designada Patrimonio de la Humanidad por la UNESCO". ¿Estáis preparados para un poco de inspiración? Aquí está la lista completa del New York Times de lugares a los que ir en 2023: 1. London, Reino Unido 2. Morioka, Japón 3. Parque Tribal Navajo de Monument Valley, Arizona 4. Kilmartin Glen, Escocia 5. Auckland, Nueva Zelanda 6. Palm Springs, California 7. Isla Canguro, Australia 8. Río Vjosa, Albania Photograph: Danilo Marocchi / Shutterstock.com 9. Accra, Ghana 10. Tromsø, Noruega 11. Parque Nacional

A massive, luxurious Orient Express cruise ship is about to set sail

A massive, luxurious Orient Express cruise ship is about to set sail

If you’re itching for a new ultra-glam travel experience (who isn’t?), we've got great news. Following the announcement that a new version of the classic Orient Express train route will launch in 2025, the same company is bringing its signature opulence to the seas with a brand-new sailing ship. The ship, named the Orient Express Silenseas, is the result of a partnership between hospitality company Accor and ship-building service Chantiers de l’Atlantique. It will be the biggest sailing ship in the world, measuring 220 meters long. And as you’d expect, the Orient Express Silenseas plans are giving a whole lot of extravagant luxury. The ship will host 54 suites, including a 15,000-square-foot Presidential Suite, as well as two swimming pools, two restaurants, a ‘speakeasy’ bar, a recording studio, and on-site entertainment at the ship’s very own amphitheatre. If that’s not enough for your expensive tastes, you’ll also be able to book in for spa treatments and meditation sessions on board – in between plenty of stopovers. It’ll sail through the Mediterranean in the summer and the Caribbean in the winter.  Photograph: Maxime d'Angeac & Martin Darzacq for Orient Express, Accor Basically, it’s the world’s fanciest cruise ship. Or a luxury superyacht for people who don’t actually own a luxury superyacht. The ship, apparently inspired by the Golden Age of the French Riviera, is set to launch in 2026. You’d better start saving. In more affordable travel news: these are the new Eur

This is where to travel in 2023, according to the New York Times

This is where to travel in 2023, according to the New York Times

Looking to book a big trip this year but can't decide where to go? Well, this is worth a gander: the experts over at the New York Times have released their annual 52 Places to Go list for 2023. This year’s edition focuses on the question of why we travel, highlighting food, culture, adventure and natural beauty as four of the main elements that drive us to see the world. As such, the places they’ve chosen aim to offer some or all of those elements – plus a whole lot more. Ready for some inspo? Here’s the full New York Times list of places to go in 2023. 1. London, UK 2. Morioka, Japan 3. Monument Valley Navajo Tribal Park, Arizona 4. Kilmartin Glen, Scotland 5. Auckland, New Zealand 6. Palm Springs, California 7. Kangaroo Island, Australia 8. Vjosa River, Albania Photograph: Danilo Marocchi / Shutterstock.com 9. Accra, Ghana 10. Tromsø, Norway 11. Lençóis Maranhenses National Park, Brazil 12. Bhutan 13. Kerala, India 14. Greenville, South Carolina 15. Tucson, Arizona 16. Martinique 17. The Namib Desert, Southern Africa 18. The Alaska Railroad 19. Fukuoka, Japan 20. Flores, Indonesia 21. Guadalajara, Mexico 22. Tassili n’Ajjer, Algeria 23. Kakheti, Georgia 24. Nîmes, France 25. Ha Giang, Vietnam 26. Salalah, Oman 27. Cuba 28. Odense, Denmark 29. Uluru-Kata Tjuta National Park, Australia Photograph: Benny Marty / Shutterstock.com 30. Boquete, Panama 31. Tarragona, Spain 32. Charleston, South Carolina 33. Cayos Cochinos, Honduras 34. Burgundy Beer Trail, France 35. Istanbul,

Why you shouldn’t take a summer trip in 2023

Why you shouldn’t take a summer trip in 2023

It’s safe to say that travelling last summer was chaotic AF. Travellers faced endless queues in airports, as pandemic-era lay-offs meant that airlines and airports were massively understaffed and unable to cope with the summer-holiday rush. Once travellers managed to reach their destination, many were left stranded without their luggage and faced jam-packed beaches and overcrowded tourist hotspots. As if that wasn’t enough, summer 2022 was also characterised by a series of natural disasters linked to the climate emergency. Across Europe and North America, there were record-breaking droughts and heatwaves, which caused wildfires to ravage many regions – including tourist hotspots – and killed over 20,000 people in Europe. So, given that travelling in summer is increasingly stressful, unpleasant and sometimes downright dangerous, why do we continue to pack ourselves onto overbooked budget flights between June and September? Winter is the new summer Well, things could be changing. As summertime temperatures are set to continue to soar to catastrophic levels, there seems to be a shift in people seeking sun during the colder months, and dodging peak-season crowds. Even families with young kids, who typically don’t have a choice but to travel in summer, are considering other options. Katherine, a hairdresser and mum-of-two from London, is one of them. ‘In the past, we’ve had to travel during the summer because of the school holidays,’ she says. ‘But since pandemic restrictions lift

Why 2023 is the year to travel somewhere you’ve never heard of

Why 2023 is the year to travel somewhere you’ve never heard of

You don’t need us to tell you that there are certain travel destinations whose popularity has spiralled beyond control. Fuelled by low-cost flights and social media virality, overtourism has led to a handful of places – from major cities like Barcelona to Italy’s Amalfi Coast – becoming ridiculously expensive and unbearably overcrowded, particularly in the summer. That’s bad for travellers, and even worse for the people who actually live there. What we can tell you is this: you don’t have to go on holiday to the same places everyone else does. We live in a big old world, and there are plenty of places where you can visit to save some cash and give a boost to local economies that don’t often get their fair share of tourism. Who knows? You might even get the beach to yourself. Here’s our proposition: make 2023 the year you throw out the bucket list and travel somewhere you haven’t considered before. Whether that means exploring alternative European beach breaks, discovering small towns and rural regions, or skipping the capital and trying out a country’s less-raved-about cities, here’s where to actually get off-the-beaten-track this year. Alternative Europe Of all of the overcrowded travel destinations around the world, Europe probably has the largest concentration – so much so that some places are practically begging tourists to go elsewhere. In 2023, it’s time to take heed of these warnings. From a quiet patch of the Italian coast to Europe’s next festival hotspot, here are s

Why homestays are set to make a comeback in 2023

Why homestays are set to make a comeback in 2023

Since launching in 2008, Airbnb has comfortably enjoyed what can only be described as world domination. What started as a way for a couple of friends to pocket some cash from renting out their living room has become the world’s biggest holiday rental company. In 2022, Airbnb had properties in 100,000 cities and 220 countries and regions. And along the way, the platform has spawned a generation of imitators and rivals. ‘Airbnbacklash’ But in the background, an ‘Airbnbacklash’ has been steadily brewing. The popularity of Airbnb and similar platforms in cities such as Barcelona, Amsterdam and Berlin has led to accusations of rent hikes, housing shortages and the ‘touristification’ of whole neighbourhoods. In the UK, an average of 29 homes are lost every day to the holiday rental market. And communities worldwide have pushed back. In 2019, for example, ten cities co-signed a letter to the EU demanding stricter regulations on short-term holiday rentals.  Many local governments have brought in tougher rules. In 2017, it was ruled that short-term rentals in London must abide by a 90-night yearly limit, while Spain’s Palma de Mallorca has effectively banned Airbnb-style rentals. Over in southern California, hosts in Santa Monica are restricted from renting out entire dwellings for less than 30 days, and must be living on-site if they want to rent out a room for a shorter period. And New York City has announced tougher rules that could see 10,000 Airbnb rentals erased in 2023. But co

世界のレストランに影響を与えてきたノーマが2024年冬に閉店

世界のレストランに影響を与えてきたノーマが2024年冬に閉店

ファインダイニングを愛する人たちに、悪い知らせがある。食の革命の代名詞ともいえるコペンハーゲンのミシュラン三つ星レストラン「ノーマ(Noma)」が閉店することが発表されたのだ。 レネ・レゼピがヘッドシェフを務める同店は、北欧料理を独創的にアレンジした料理が有名で、オープン以来、世界中の高級レストランに影響を与えてきた。 メニューは秋はジビエ、冬と春はシーフード、夏は野菜と、年3回入れ替わり、旬の食材に重点を置いている。 2021年には、誰もが憧れる「世界のベストレストラン50」でトップの座を確保するなど、今でも高い評価を得ているレストランだが、レゼピは、ノーマが築いたモデルは「持続不可能」になったとニューヨーク・タイムズに語っている。 彼が店の閉鎖理由の一つとして挙げているのが、高級レストランの経営に関わる不愉快な労働時間と過酷な労働条件(ノーマをはじめとするコペンハーゲンの一流レストランのスタッフに対する過酷な労働条件は、2022年年夏に新聞で暴露されていた)。ノーマの公式ウェブサイトの投稿には「2024年の冬が、私たちが知っているノーマの最後のシーズンとなるでしょう」と記されている。では、その後はどうなるのだろうか? なんと2025年からは、レストランから「巨大なラボ」に変わり、そこで味と食材の実験を続け、革新的な新しい料理と食のコンセプトを創り出していくという。投稿ではまた、(コペンハーゲンを含む)世界中でのポップアップを通し、引き続きゲストへ食事を提供する機会が今後もあることが約束されている。 今後2年間、ノーマはコペンハーゲンの店舗で幸運にもテーブルを確保できた人々にはこれまで通りのサービスを提供し続ける予定だ。世界最高のレストランの一つがまったく別のものになる前に体験してみたいという人は、予約にチャレンジしてはどうだろうか。 関連記事 『Noma, one of the world’s best restaurants, is closing(原文)』 『Nomaが2023年春、京都にポップアップレストランをオープン』 『ミシュラン二つ星のINUAが閉店、KADOKAWAが手がけた初のレストラン』 『トリップアドバイザーが発表、2022年世界のベスト高級レストラン』 『アジア初進出、世界で話題のタイムアウトマーケットが大阪に上陸』 東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら  

Noma, one of the world’s best restaurants, is closing

Noma, one of the world’s best restaurants, is closing

Fine-dining fanatics, we have bad news. Noma – the three-Michelin-starred Copenhagen restaurant synonymous with the city’s culinary revolution – has announced it’s shutting up shop. Noma is renowned for its inventive take on Nordic cuisine, which (under influential head chef René Redzepi) went on to influence high-end tables around the world. Its menus focus on hyper-seasonal ingredients, rotating three times a year to showcase game in autumn, seafood in winter and spring, and vegetables in summer.  While the restaurant still gets its fair share of plaudits – securing the top spot on the coveted World’s 50 Best Restaurants list in 2021 – Redzepi told the New York Times that the model on which Noma is built has become ‘unsustainable’. Redzepi cites the unsavoury hours and demanding working conditions involved in running a fine-dining restaurant as one of the reasons behind the closure. (Gruelling conditions for staff at Noma and other top Copenhagen restaurants were the subject of a newspaper exposé last summer.) According to a post on Noma’s website, ‘winter 2024 will be the last season of [N]oma as we know it’. So what’s next? Big things, apparently. In 2025, the restaurant will transform into a ‘giant lab’, where they'll continue experimenting with flavours and ingredients to create innovative new dishes and food concepts. The website promises Noma will continue serving guests with pop-ups around the world, and, eventually, ‘a season in Copenhagen’. For the next two years

The best things in life are free.

Get our free newsletter – it’s great.

Loading animation
Déjà vu! We already have this email. Try another?

🙌 Awesome, you're subscribed!

Thanks for subscribing! Look out for your first newsletter in your inbox soon!